「イギリスの女優Sonoya Mizunoさんは旧友の姪御さん」

副題:「芸術家、表現者として生きるということ」

この話題の映画。映画好きな方なら聞いていますよね。

また是非見たいと思っている方もたくさんいますよね。

これ、以前からたまにご紹介している、旧友のジャイルズ君の

姪御さんが出演しているのです。水野そのやさんです。


このケミカルブラザーズのPVを見ると分かる方も多いかも。

同時にこの映画も話題になりましたね。

「エクスマキーナ」です。

アカデミーを大独占するんじゃないかと言われている

「LA LA LAND」に今度は出演とはすごいですよね。

彼女のお母様とジャイルズ君が姉弟です。お父様は日本の方なので水野さんと言います。そのやさんは現在イギリス国籍ですが、もし20歳の時の国籍選択の時に日本を選んでいたら、今頃「唯一世界で活躍する日本の女優」さんとして世の中では言われていたかもしれませんね。たぶんそうでしょう。


昨今、ハリウッドTV,映画などで時折活躍する日本の俳優さん達も多いですが、言語の壁や東洋人容姿ということもあり、限られた独特な立場(配役)での出演しかまだありませんよね。最近やっとモデルのローラさんがそこから一歩出た配役抜擢で一躍世界で有名になりましたね。


そのやさんは基本ダンサーです。ロイヤルバレエ学校出身です。

こんな映画にも出ていて、見た方も多いのでは?

でも、すごい作品のラインナップですよね。国籍こそ、イギリスですが、まだまだ日本では世界トップのキャパで活躍出来ているダンサーや俳優さんはごくごく少数ですよね。私は自分の友人の姪御さんであると同時に、国籍に関係なく「日本の方が」と思いとても誇りに思いとても嬉しいのです。また、今後の活躍が本当に楽しみですし、いつも応援しています。


そのやさんもローラさんも日本とのハーフですが、私はよくこんな言葉を聞きます。

「彼女(彼)らはハーフだから」

いやいや、何をおっしゃる。何の関係もありません。さらには
「家庭環境が最初から恵まれていて良かったのだろう、どうせ我々とは違う」

という人を多く見ます。いやいや、これもまた何を。彼女らは最初から恵まれた立場に居た訳でも、恵まれた環境や家庭だったわけでも何でもありません。努力とガッツのみで自分の実力でここまで来た人達です。それでしかここにはのぼれないのです。またそれでしかここでは通用しないのです。


誰も不公平をせずに、あなたの実力だけを認めてくれる一番フェアな世界です。


何かを目指していたり何かの夢を実現させたい人はいっぱい居ると思います。それが叶うか叶わないかは誰にも分かりませんが、叶わない時には往々にして理由と原因がハッキリあります。それはただひとつで「何もそこに向かう具体的な努力をしていない」か「やっていることに見合わない大き過ぎる夢を見ている」のどちらかではないでしょうか?


一週間に1回、100mを走っても、50年経っても

オリンピックには出れません。


そのやさんもローラさんも、寝る暇も遊ぶ暇も、お茶を飲むお金も時間も惜しんで、夢に向かって一心不乱に努力をして来た人達のひとりです。彼女達は夢を叶える為にやって来たのではありません。本当に自分がやりたいこと、好きなことに見返りを考えずに、自分の人生に挑戦をしてみたまでです。その挑戦は今も続いているのです。


とてもベタで月並みなことを私にも言わせて下さい。

芸術家の世界で、有名になりたい。お金が欲しい。

もっといい暮らしをしたい。もっとお金があればあれを

したいこれをしたい、これが出来ると思っているうちは

本当に100%そうなりません。

生きている限り、最大限にあなたの芸術や表現の情熱を

名声に関係なく表現し続けて挑戦し続けて下さい。

結果が最後に天国に行く時に、お金もなく無名のままでも

いんです。だって、あなたがそうして生きて来たのなら

天国にはちゃんと行けるし、そこ、最もフェアなところなのです。

ひとつの不公平も差別も差も何もないところなのです。

名声や富や評価を得る為ではなく、天国に行ける為にどうか

頑張って下さい。そうしていたら生きているうちの成功も

必ずありますから。


そのやさんの記事

Joséphine Nidy's Official Site

世界でただ一人のオルゴールルネッサンスシンガー。その歌声は’永遠のボーイソプラノ’。スリークッションビリヤードの愛好家でもあり’歌うハスラー’として世界中のビリヤードシーンでも活躍をしている。

0コメント

  • 1000 / 1000