ペラペラへの道

みなさん、ご無沙汰しております。

相変わらずフェイスブックの方にチョロチョロっと書いてしまう癖が抜けずです。

今日はFBの方は書いた表題の通りのことを清書して♪

アメブロにも語学関係についてはたまに以前も書いていました。

それは発音の話でした。ご興味のある方はテーマ別ですぐに探せるので

よろしかったら覗いてみて下さいね。

ここ ↓

http://ameblo.jp/josephinenidy/theme-10095096576.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日TVを見ていて英語の話せなかった本田選手が今はペラペラになっていました。

以前もお上手でしたが、語彙も少なく非常にたどたどしかったのを覚えています。

今はもう流暢だね。たったの数年。2年くらいかな。


その現地に住めばその国の言語が話せると思っている人が多いと思うけど

例えば、英語を話せる様になりたくて英語圏に行っても一生流暢に話せないのです。

何語でも同じです。移民した友人がたくさんどの国にもいますが、本人の努力のみです。

USに70年住んでるおばあちゃん、英語が話せないって人もいっぱい。


「どうしたら英語が(外国語が)話せる様になるのぉ?」は一生涯で一番聞く質問。

答えは簡単。

「話せる様になるまで話す。同じ発音が出来るまでやる。

スラスラ話せないのなら、スラスラ言えるまで言う」なんです。

たったのこれだけしか本当にないのです。

たった一つの文章でも何でもいいんですね。

憧れるネイティブの真似をしてスラッと言ってみて下さい。

まったく同じ様に言えるまで。それだけでいいんです。そのたったの1センテンス。

それが1つ言えるようになると急に10、20になるんですね。

その先は一気に話せるんです。



「話せる様になるまで話すこと」だけですね。ひとりでも、もちろん出来ます。

独り言でやればいいんですね。ずっと。根気よく。それでもペラペラになれますね。

みんなそうやってペラペラになったんだよ!ほんとだよ!頑張れ!


これは語学に限らず何事にも同じだと思うんですね。

楽しみとしてそれをやっているのであれば、上達したいと思っていても入れ込める

力も時間もお金も限界があるしそれなりでいいと思うのです。

でも真剣に上達を望んでいるのであれば、それが切実であればあるこそ

「出来る様になるまでそれだけやる」んです。回数の問題です。人は100回で出来る様に

なるところ、あなたは1万回かもしれません。でも出来る様になれば同じです。

それも何も難しくない分かり切った「当たり前」のことをそれだけを嫌というほど

やり繰り返すだけなんです。


でもそこには「時間」という制約があります。時間の上手なやりくりはたったの1つ。

「知っている人に聞け」ですね。そんな訳で、たまに「やりくりの秘技」をこうやって

書いているわけです♪ 今日はこのままもう1つ、具体的な技をもう1つ書きます♪


あと私のお勧めは第三外国語からは一気に複数言語だね!

3年頑張れば同時に一気に全部行ける!何歳になっても! 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真:昨日届きました♪ 接続成功♪

   ケーキはチョコがまだ残っています。今日の午後にでも♪

Joséphine Nidy's Official Site

世界でただ一人のオルゴールルネッサンスシンガー。その歌声は’永遠のボーイソプラノ’。スリークッションビリヤードの愛好家でもあり’歌うハスラー’として世界中のビリヤードシーンでも活躍をしている。

0コメント

  • 1000 / 1000