天からの使者

最近新事務所の開設に伴い、不用品サイトで事務所に必要な備品を貰っています。

先日、大量の雑巾が必要となり、捨ててしまうタオルなどがないか探して

いたら大量の古いタオルケットをお持ちの方がいらっしゃいました。

人にはボロボロでもう使えないけど何かに利用される方という投稿でまさにピッタリ!

引き取って下さるのなら無料でということで早速連絡をしました。

すると、都内に住んでいるのにも関わらず車でも1時間以上掛かるこちらの

都下まで持って来て下さると言うのです。それも明日にでもすぐにと。

丁度こちら方面に用事があるからとおっしゃってはいましたが、それでも

まさか家の前を通る訳でもないだろうし大変手間の掛かることなのに。


また赤ちゃんがいらっしゃるらしく、支度に手間取り遅れてしまうことも

あると思うけどどうかお許しくださいとのこと。

お昼の約束だっのですが、お昼を過ぎてから「すみません!2時過ぎになります!」

とメールが。その時は「もしかしたらやっぱりイタズラなのかな、、」と思いました。

そして3時間遅れでやっとお見えになりました!ご主人の運転する車で。

下へおりて行くと、両手に超特大の袋2つに入ったボロタオルケットを持って立って

待っていて下さいました。挨拶を交わし、感謝の気持ちを何度も伝えました。

でも時間にして本当に1分もないあっという間の一瞬のこと。

手渡しが終わると嵐の様に帰って行かれました。後部座席に赤ちゃんがシートに

座っているのが見えたので、車が見えなくなるまでずっと私は手を振りました。

すると赤ちゃんの手をお母様が持って、同じ様にずっと振ってくれました。


ご自分でゴミとして処分をしてしまった方が何の面倒もないのに、手間暇労力時間を

掛けてわざわざ遠路遥々持って来て下さったことにも大変な驚きと感謝は尽きませんが

「ゴミにならない様に誰かがまたこれを使って何かに助かるのであれば」という

その美しいお心に私は深く深く感動をしたのでした。

本当に胸が熱くなるとはこのことです。


その日の夜に家族に「今日ね、こんなことがあったんだよect,,」と話をし始めたら

そのとたんに私の目からボロボロと涙が出てしまい、ギャーギャー泣きながら

ヒックヒックうわずる声で笑顔でこの話を話しました。

昨夜も友人にこの話をすると、やっぱり涙がボロボロ出て来てしまい

あの日の熱い胸の感動がそのまま甦りました。


言葉では「物を大事に」とは言っても本当にここまでのことが日常に習慣化されている

人が一体どのくらいいるのか? 人には優しく、お互い助け合ってと言いつつ、平和や

愛を唱えながらも、個人的感情でのえり好みで人を排除して生きている現代人。

ここまで一瞬にして感動と共に深ーーく考えさせられました。

人の美しき正しい姿を見て、我が身をおごることなく省みることが出来ました。

名もなくその誉を誰が見ていなくとも誰にでも惜しみなく差し出すことは

真の勇気と愛情と強い心が必要です。正直、まだまだ持ち合わせていません。

所詮私もまだまだ弱い現代人です。私のなまぬるい弱さやズルさを天からの

使者によって叱咤された1日となりました。

そして何よりも素晴らしい1日となりました。

書いていて今も目に涙がじみます。

この熱い想いはまた次回に長く書かせて下さい。今日はここまで♪

写真は家族が焼いたバレンタインケーキ。

天からの使者達に心から捧げたいと思います。

Joséphine Nidy's Official Site

世界でただ一人のオルゴールルネッサンスシンガー。その歌声は’永遠のボーイソプラノ’。スリークッションビリヤードの愛好家でもあり’歌うハスラー’として世界中のビリヤードシーンでも活躍をしている。

0コメント

  • 1000 / 1000