くもまっか日記25:気が小さい?高次脳障害

私は半身不随とか目に見える後遺症が重く残らなかった代わりに、高次脳機能障害があります。これがまた厄介で、なかなか自分は気が付けない。周りが先に「以前と違う」ことに気が付いたりします。高次脳機能障害と検索をすると、色々と出て来ると思いますが、程度の低いものから、半身不随ほど大変な重いものまで本当にまちまちです。時間が経ってから出て来るものもあり、医師も気が付かないだったりします。自分自身、家族がいつも興味をそれずに注意深く意識していないと、なかなか発見出来ないものも多いと思います。


私は早くにガス台の火が使えないことが分かり、ひとりでは一切使いません。人と一緒に使う時も大きな声で「点けた」「消した」と言います。


今日、以前にはなかったまた新しい感覚がありました。

先日、携帯電話を通販で買い間違えてしまいました。返品交換が利かないだった為、流行りのラクマで売りました。ほぼ新品のまま定価より随分安い為、今日売れました。


発送にラクマ専用のクロネコ営業所での発送があるのですが、「ネコポス」か「宅急便コンパクト」のどちらが大きさにふさわしいのか悩みました。料金的にはネコポスの方が安いです。こんなこと、店員さんに聞いたり、実際の箱に入れてみれば済むことです。ところが、、、


まるで小さな子供の様に「聞けない」んです。その時には「聞く」という概念がまったくないのです。自分ひとりで何とかしないと。邪魔しない様に頑張らないと、みたいな概念でいっぱいなのです。何だかおどおどしてしまって、あれこれ自分でやって、結局、高い方の「コンパクト」で送ってしまいました。それはそれで仕事を果たした満足で気持ちは一杯で何の疑問もその時にはありません。


ところが帰り道、家に近づくに連れて、「あ、ネコポスで送れば良かったのに、、、」「なんで確かめなかったのだろう、、聞けばいいだけなのに、、」と思いました。



「そんなの私にもしょっちゅうあるあるある~」なんて周りの方は言って下さるのですが、そこがちょっと違うのです。みなさんは「たまに」でしょう?頻繁にの人も多いかもしれないけど、私達は「いつも」なのです。そこだけ、脳の機能が変わってしまったのです。


私の主治医は、脳の中にまだ出血した血があるから、全部が吸収されるまでは分からないと考えていいだろうと言います。血の吸収が完全に終われば治るかもしれない、という見解です。私もそうであることを本当に祈ります。


すっかりブログ更新が減ってしまったのは、そんなわけで出来なくなってしまったのです。ここに今日書いた様な大ごとではないけれども、日々の中で生きて行くのにちょっと困ることが「わんさか」あるのです。新しい「びっくり」する様なことが分かる度に先生のところに走って行っています。今は一時的にですが、てんかんの薬で頭痛を抑えたり、物忘れを改善するのに効く薬があってそれを試して飲んでいます。


「性格が変わってしまう」のも高次脳機能障害のひとつです。

私はどうやら「気が小さく」なってしまった様です。

まあ、もともとウルトラでっかかったので丁度かしらね?


では月曜日の湯沢温泉行を楽しみにしています。
GYAOのTVCMの外人さんね!デニスさんって言います。

本職はロックギタリストです♪


ではまた書ける様に頑張るです!!!


Joséphine Nidy's Official Site

世界でただ一人のオルゴールルネッサンスシンガー。その歌声は’永遠のボーイソプラノ’。スリークッションビリヤードの愛好家でもあり’歌うハスラー’として世界中のビリヤードシーンでも活躍をしている。

0コメント

  • 1000 / 1000