ボロガス台、300円で変身~


これ、うちの事務所にあるよくある普通の古いタイプのガス台です。前の事務所の方が置いていった物で、超汚いボロボロ。最高にお手入れをして、秘策を使ってもここまでが限界でした。綺麗にはなってもどうにも外観のひどいボロさは出来ません。


そこに「油はねガード」、本来は壁にするものです。これを敷いて穴を火元に合わせて空けてこうしました~~噴きこぼれ受け皿にも銀紙の敷物が売っているよね。あれを敷けば見た目はもう完璧だよね!わぁいヽ(∀`ヽ●)(ノ●´∀)ノ わぁい♪ 最近の結構傑作DIYです!どうだぃっ!!銀紙は明日買って来るよ!


これは300円ショップのちょっとお洒落なのを買いましたが、100円ショップでも苺ちゃん柄とかお星様とか結構可愛いのがあります。ガス台と壁の間にすき間が出来るでしょう。そこに食べ物、落ちますよね。お掃除大変ですよね?これで全部覆ってしまって下さい。


2枚買うと壁やシンクとの隙間もガス台全面もすべて敷くことが出来ます。隙間もなくなり統一感&境目のない一体感が出来て可愛くなって、お掃除も簡単になります。何より、見た目がすごく変わるから是非是非ボロガス台をお持ちの方にはお勧めです!!私はケチってしまい1枚で間に合わせたので、手前7cmくらいが元のままです。ビデオでご覧下さいね♪



私は相当不器用で超ウルトラ大雑把で、お洒落センスとかない人なので機能さえ果たせば、細かいところは気にしませんが、これ、器用な人がやったら、相当見た目もイカした感じになると思います。


火元の輪の部分は普通のハサミでもキッチンバサミでも紙を切る様に簡単に切れます。切る時に上から当てて手でなぞってその形の跡を付けます。すると正確な大きさに切れます♪ 切った円の部分は捨てないで、切れ端が危なくない様に折って「四角」にします。赤い矢印の箇所はガス栓です。なのでそこの蓋に使いましょう~。両面テープなどで裏面を止めるといいですよ。ガムテープやセロテープを輪にして裏面にくっ付けるのでも大丈夫です。私はガムテープとミッキーさんのアルミテープが余っていたのでそれを使いました。


さらに残ったあまり部分は、洗面台の隙間埋めにぴったりで全部を余すことなく使い切りました!d(`・ω´・+)ヤッタネ+.☆゚+.☆゚




Joséphine Nidy's Official Site

世界でただ一人のオルゴールルネッサンスシンガー。その歌声は’永遠のボーイソプラノ’。スリークッションビリヤードの愛好家でもあり’歌うハスラー’として世界中のビリヤードシーンでも活躍をしている。

0コメント

  • 1000 / 1000