続:物々(労力)交換したり不用品、私にくれませんか?2

8月22日のブログの続編です。

私の家や会社のスタジオにはいつもお手伝いさんが何名か居ます。必要に応じて来てもらっています。お手伝いさんというととてもリッチなイメージだと思うのですが、「1」の最後に書かれてある通り、お手伝いさんの労賃は「英会話」だったりします。英会話が今のところ一番人気です。私が何か出来ることと交換しているのです。


草むしりやお掃除、簡単な日曜大工など。たいてい24時間いつでもこちらも対応出来るので、来て頂く方もご自分の都合に合わせて気軽に来れます。また外仕事の草むしりなどは、こちらが不在でも自己申告制で、いつ来てやって頂いても良いことになっています。時給は800円換算でノートに付けて貯めて行くことが出来ます。現金での支払はありませんが、貯まった「貯金は」英会話だけならず、何かこちらで出来ることに何にでも使えます。例えば私は英会話の他にもちろん、手回しオルゴール、声楽レッスンが出来ます。変わったところでは、着付けなども打掛まで出来たりします。


また私の所属する事務所のスタジオでは「労力交換」で貯まった「貯金」でスタジオの施設を利用出来る仕組みにもなっています。まだ改装準備中で開館は来年なのですが、その仕組みを利用して色々な方がご自分のニーズに合わせてお手伝いに来ています。


例えば、スタジオにはビリヤードのスリークッションという台があります。通称「スリー」です。ビリヤード場では1時間あたりかなりお高く800~千円だと思います。台はナビゲータータップの堀内良太郎社長とスリーの新井達雄プロのつてで入れて頂きました。オランダのウェルヘルミナという台です。設置後は新井プロがわざわざお見えになって台の感触をご自分でチェックして下さいました。なので練習には十分過ぎる物です。他にはダーツ、囲碁、将棋(共に立派な盤があります)、麻雀など色々あります。いずれも1日千円なので一般相場に比べたら破格値ですね。コーヒー、お茶類もお替り自由で無料です。

スタジオは会社の保養所として所在しているので、宿泊施設も二階にあります。法的に会社の社員以外に一般の方が誰でも使えるわけではないのですが、寄付をして下さる方や労力交換お手伝いの方などはご本人の希望があれば、支援会員という手続きを踏み、これらもすべて使える様になっています。会社の本支部が海外に幾つかあるので、海外からも「労力交換」で来る方がいます。お手伝いをする代わりに宿泊代を浮かし、ホテルに泊まるより、小さなガイドブックにもない町はo(●´ω`●)oわくわく♪しますよね。何より、日本語がまったく出来ない旅行者にとってこういった機会がないと来れない場所でしょうしね♪

「私には交換するものがないわ」とおっしゃる方も大勢いるかもしれません。いやいや、「労力交換お手伝い」さんは無限のシステムです。ご安心を。


例えば、私生活の方で以前に来て頂いたお手伝いさんには二人分の5日分ほどの食事の作り置きをして頂くのですが、この方、ご自宅に帰られてからご主人とのお二人分の食事の支度をしないとなりません。それを知ってから、作った物を全部半分タッパーで持ち帰るという取り決めをしました。食材費も折半。その代わり時給も半額ということになりました。時給は半額になっても、仕事の終わった後に買い物に出て家でまた作る時間より、我が家への手伝いと一緒にすることで何時間も時間が浮くそで、経済効率はかえって良くなったそうです。それはお互いに(*´д`)エガッタエガッタ…なのでした。


この様な「変則型」のお手伝いさんが公私共にいるのです。その方のニーズに合わせてお互いが助かる様にしています。スタジオはまだ移転して新しいのですが、一度「労力交換」の公告を出したらお近くの方が数名見えて、現在徐々に増えている最中です。この手法を取る様になって、人手が徐々に増えて来たので、最近では一般に有償で雇うお手伝いさんはめっきり少なくなりました。


どうですか?あなたのご家庭や会社でも、これに準じた方法で経費も浮かし、利益の得られる事柄がたくさんあるのではないでしょうか?私はお金を浮かす為にこの手法を取る様になったのではありません。単純に物は大事に、捨てない、から始まり、自分が誰かに出来ることも出来るだけ、先方の経済負担にならない様にするにはどうしたらいいのだろう???(・ω`・?ハテナ?と考えたらこうなったまでのことです。不用品もよく頂き自分でリメイクをして再利用をしています。リメイクするのは「労力交換」お手伝いさんです♪ いいシステムでしょう~!


私は英語の先生でもないし本職ではありません。でも日本では英会話は永遠の大ヒット習い事です。でもレッスン料金は高いです。お財布に痛いです。お金を出すので(通常より安価)教えてもらえないか?という人が後を絶たないので、「お金要らないからご飯作って」「お掃除して」から始まり、現在の様に会社にも導入するほどのシステム構築が作り上がり、非常に円満にいっています。


浮いたお金は自分へのご褒美として使う時もありますが、最近は年のせいかめっきりなくなりましたね。それらのお金は本当に必要な時に、必要なところや人に使う様にしています。この話はまた別に機会に。


どうだぃ?うちに働きに来ないかぃ?(嫁に来ないかぃ?のノリで♪)

幸せにするぜぃΣd(ゝω・o)イェイ☆


今日はこの辺にしておきますね♪ 次回は「変則型」お手伝いさんのお話や私の「半自給自足」のことなどを幾つかと思っています。「ォ━━(#゚Д゚#)━━!!なるほど~」てなこといっぱいだよ!


では本当に1日を境に急に寒くなりましたね。お布団を出してしまいましたよ!おやすみなさい!

全部頂き物です♪解説

1:聖書 2:麗しの老眼鏡 3:エルメスのビンテージタオルケット 4:ミラショーン毛布 5:亡きお父様から 6:お姫様ベッドとランプ(超お気に入り、灯りがすごい素敵!)

7:神様からの頂き物♪ +o。(σ´∇`*)ゞエヘヘッ。。o+゚






Joséphine Nidy's Official Site

世界でただ一人のオルゴールルネッサンスシンガー。その歌声は’永遠のボーイソプラノ’。スリークッションビリヤードの愛好家でもあり’歌うハスラー’として世界中のビリヤードシーンでも活躍をしている。

0コメント

  • 1000 / 1000