物々(労力)交換したり不用品、私にくれませんか?1

今日は普段の私の日常生活のごく一部をお話したいと思います。Facebookでの長いお友達限定で色々な私生活を今日までにお話をして来ているのですが、公にはあまりしたことがありません。完全「ウルトラマイノリティー(超少数派)」な生活をしています。では、本日のお話のスタートです。 


誰でも無駄にお金や労力の掛かることは嫌だと思うんですね。時にはそれでもいい時もあるかもしれませんが基本的にはごく稀なことだと思います。私は極めてお金を使わない生活をしています。


三カ月ほど前のこと。所属事務所の幹部と車で越谷からの都内への帰り道、周りの景色に見覚えが、、、

「ヽ(・ω・*)ノ あ!! ここは星くずブラザーズ久保田慎吾さんのお店の近くだ!」と思い出したのです。彼のお店は「バーカメラ」と言い 牛田駅、関屋駅 両駅前徒歩30秒 というところにあります。以前から地方スタジオに夜に向かう時に通り道だったのでフラッとひとりでたまに寄っていました。幹部とは一度も行ったことがなかったので寄り道をすることにしました。

お店で私達の方は新しいスタジオを買ったばかりだったので、慎吾さんに出来るだけ自分達でお金を掛けないでリフォームや工夫をしている話をしました。すると慎吾さんが新スタジオ祝いにと

これ役に立つかしら?良かったら使っていない物だから新スタジオで使って♪」

と、お馬さん?型の壁掛けフックとクリスマスツリーとかショーウィンドウとかに使う様な電飾を下さったのです。更に「何か他にないかしらぁ、、」と店内を物色して下さったのです。すると、、、慎吾さんのちぃ~~~さなお店に常連さんが持って来た、とても邪魔そうな(笑)壊れた古い空気清浄機やロデオボーイ(完動品)があり「こんなんは要らないわよねぇ、、、」と言ったのです。もちろん要りませんが(笑)

「もしかして処分に困っているのですか?でしたら置き場所も取ってしまっていてお困りの様なので私に頂けませんか?」と申し出ました。

これらは粗大ゴミで処分にはお金が掛かってしまうので*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエエエェェェ!!と驚く慎吾さん。でもこれには2つの理由があったのです。


理由その1:丁度、新スタジオの備品を「ジモティー」という地元での物品「あげます(が主流、売りますもある)」サイトで全部無料で頂いて揃えていたのです。それでロデオボーイも載せて誰か欲しい人にあげようと思ったのです。スタジオは広く一軒家なので幾らでもスペースがあり、引き取ったところで何の邪魔にもならないのです。更に私の仕事車はミニバンで積むのにも問題なし。


理由その2:地方スタジオとの往復の間に無料で家電(条件有)を引き取ってくれる「パソコンファーム」という会社があり、そこの前を通るのでついでに捨ててあげられる。また無料処分の会社はここ以外にも東京の自宅の近くにもあるのです。


てな、環境が私にはあったのです。それをかくかくしかじか、、と、まったく手間じゃないこと、ついでなので全然構わないことを話しました。すると、とぉ~~っても喜んで下さって

Σ゛(´・ω・ノ)ウソォーン&☆ゎぁぃヽ(ω・`*ヽ)(ノ*´・ω)ノ゙ゎぁぃ☆

てな展開となりました。

更に私達はふたりでジュースを各自2杯も飲んだのに「お代は要らないわ。頂けないわ~!!」と。私達も

(*・ε・*)ぇぇ-&(○≧⊇≦)v*:.。.:*【ありがとう】*:.。.:*v(≧⊆≦★)

となりました。どちらも本当に嬉しいですね。☆・*:.ヽ(*´∇`*)ノ.

その後も「もし粗大ゴミや新スタジオに使えそうな物があったら、遠慮せずに声を掛けて下さいね。取りに来ますから♪」とお伝えし、遠慮なく私を使って頂き、遠慮なく私もまたジュースを頂きました♪ その時は慎吾さんのお店で使っていた二人用のカウンターテーブルとイスと壊れたPCを頂きました♪

現在ロデオボーイはあげず捨てずに、スタジオから母屋に上がる段差の簡易階段になっており、カウンターテーブルとイスはTV台になっています。


あなたや私の不要な物がまた誰かの役に立つのであれば、あげたり売ったりするのは捨てるよりはずっと賢明な選択ですよね。身近な人とそんな網や、やり取りを構築しておけば、私はとっても合理的で良いと思うのです。お互い願ったり叶ったりなのですから。何より、相手の喜ぶ顔が嬉しいですよね。私はこんな時間を何より大事にしたいと常々思っています。


出来るだけお金を掛けないということは「節約」や「我慢」をするという現実を避けては通れないと想像しがしですが、実は違うのかもしれません。やり方1つで節約も我慢も要らなくなる場合の方が本当は多いかもしれません。お金も掛けず、節約も要らず、我慢も要らないということは、時間の余裕が生まれ、その上に本来掛かるべきお金も浮くわけですから、むしろ経済効果が実際に沸き「儲かった」ことになりますよね。

PCは、ゴミ処理券を買いに行く時間と5000円と捨てに行く時間も掛かります。でもタダで引き取ってくれる場所に、それも自分で行かずに通り掛かる人に捨ててもらう。お礼はジュース。そのジュースを飲む人は元からそこであなたのジュースを飲みたかった人です。どうでしょうか?

そんな上手い組み合わせが身近にない?だったら自分で作ってみてはいかがでしょうか?周り中の人にそうに言えばいいのです。すると、自然とそういった関係が持てる人とは、そうなるのではないでしょうか?それを望んでいる人は案外多いと思います。そういうサイトも冒頭でご紹介しましたように活用なさったり、町内掲示板利用とか色々な方法がありますよね。


実は私、物々交換や物品<->労力交換、または労力同士交換をしてよくお金も時間も浮かせています。何とお手伝さんまで「交換」で来て頂いています。その詳細は次号のお楽しみに!

その2につ・づ・く。。。。。。次号乞うご期待!






Joséphine Nidy's Official Site

世界でただ一人のオルゴールルネッサンスシンガー。その歌声は’永遠のボーイソプラノ’。スリークッションビリヤードの愛好家でもあり’歌うハスラー’として世界中のビリヤードシーンでも活躍をしている。

0コメント

  • 1000 / 1000